自己破産や民事再生の場合でも過払い金請求はできるの?

MENU

自己破産や民事再生の場合でも過払い金請求はできるの?

過払い金請求は債務整理の方法・手段がどのようなものであっても行うことが出来ます。
そのため自己破産や個人民事再生を行なった場合でも、問題なく過払い金請求を行うことが出来ます。

 

基本的に自己破産の場合はすべての借金が免責になるような条件を揃えているため、過払い金が発生していないのではないかと考える方が多いですが、実際にはすでに払いすぎてしまっているお金があるなど過払い金が発生している可能性が十分にあるため、同時に過払い金請求交渉を行っていくことが出来ます。

 

これは個人民事再生においても同様で、過払い金が発生している場合は貸金業者に対し直接回収交渉を行っていくことになります。

 

特に出資法改正施行以前の借金・取引に関しては利息制限法の上限金利に変更されているわけではないため、過払い金が発生している可能性も十分考慮することが出来ます。

 

これにより改正法施行以前の取引・借り入れに関してはすべからく過払い金が発生しているかどうかを診断してみることが重要です。

 

過払い金返還請求はすべての債務整理を行う際に、同時に行うべきものです。本来支払わなくても良いお金を支払ってしまっていたことになるので、その分をきちんと返還してもらい、今後の生活再建のために有効活用していくことが大切です。

 

自己破産・民事再生した際に過払い金がどのくらい発生しているのかは引直計算などでしっかり把握し、交渉についても弁護士に依頼するのがおすすめです。