過払い金とは?

MENU

過払い金とは?

よく借金返済に関連して耳にする言葉に、過払い金というものがありますね。
この過払い金、読んで字のごとく、払いすぎてしまったお金のことを指します。
本来支払う必要がないにもかかわらず、貸金業者などから法律上で決まった以上の利息で返済してしまったお金が過払い金となります。

 

過払い金は誰にでも発生しているわけではありませんが、基本的に借入期間が5年以上で、なおかつ金利が18%を超える借金をしている方には高い確率で発生しているものと考えられます。

 

この過払い金の計算ですが、これは支払った利息と利息制限法で定められている利息との差額によって求めることが出来ます。

 

この差額は本来払う必要のないお金であり、すでに支払ってしまっている場合はそれを元本に充当させて債務残高を減額し、もしそれによって債務残高が0円以下になってしまっている場合には、そこから過払い金請求でお金の返還を求めることが出来るのです。

 

利息制限法の上限は10万円未満で20%、100万円未満で18%、100万円以上で15%と決められており、これを超えた利息分は支払わなくて良いことになっています。

 

これは2010年に改正された出資法でも同様で、これを超える利息分を返済する必要はないのです。

 

このため一般的に5年以上前、さらに7年以上前から借り入れを行なっている方が特に過払い金が発生している可能性が大きく、最近借金をした方の場合は過払い金が発生していないケースが考えられます。

 

いずれにせよ債務整理を行う際には過払い金も重要になるので、弁護士に色々相談してみましょう。