過払い金請求の流れ

MENU

過払い金請求の流れ

過払い金を請求するためには、まずは自分で過払い金請求を行うか、または弁護士などに依頼して行うのかを選択しなければなりません。

 

ここで自分で行う場合費用などは抑えられますが、貸金業者と直接交渉などを行わなければならないため非常に労力を使い、また交渉自体相手の貸金業者のほうがプロであるため難航する確率が高いです。

 

そのためプロの法律家に任せるほうが良いのですが、ここでも注意が必要です。
司法書士の場合は140万円未満の過払い金請求しか行うことが出来ないので、できれば弁護士に依頼を行うようにしましょう。

 

またその際も経験の浅い・実績のない弁護士に依頼するのではなく、実績の豊富な弁護士に依頼しましょう。

 

実際に過払い金請求を行う場合、まず弁護士から貸金業者に対して受任通知が発送され、その後取引履歴の開示請求を行います。

 

これによって債務者への取立を中断させ、また開示された取引履歴をもとに利息制限法に基づいて引直計算を行います。

 

ここでどのくらい過払い金が発生しているのかを計算し、請求金額を算出します。
ちなみに取引履歴が貸金業者から開示されるのにはおおよそ1〜3ヶ月程度かかるものと考えられているので、なるべく早い段階から準備を進めることが重要です。

 

その後過払い金請求金額が決定すると弁護士側から貸金業者に対して、過払い金返還請求書を発送します。

 

この書面に基づき貸金業者と弁護士が返還交渉を行い、交渉で同意が得られれば合意書を取り交わし、返還日の入金を待つことになります。

 

一方同意が得られない・貸金業者が応じない場合は訴訟へと発展します。まずは弁護士に相談してみましょう。