過払い金請求をしたいときは誰に相談するべき?

MENU

過払い金請求をしたいときは誰に相談するべき?

スムーズに過払い金請求を行いたい場合は、まずは実績の多い弁護士に相談するのが良いでしょう。
弁護士であれば誰でも同様の方法で過払い金請求を行うことが出来ます。

 

すなわちそれは取引履歴開示請求、行政指導申告、和解交渉、訴訟手続といったものです。
これらは全ての弁護士が同様に行うことが出来るものですが、十分な実績・経験の無い弁護士であれば貸金業者などにうまく丸め込まれて、不利な状態・低額な和解案で交渉を進めたり、または交渉自体が拒否されてしまったりすることになる可能性が大きいです。

 

しかし十分な実績を積んだ弁護士であれば債務整理に関する知識も豊富で、また貸金業者との交渉術にも高いノウハウを持っているので、安心して依頼することが出来ます。

 

このためなるべく実績の豊富な弁護士に相談するようにしたほうが良いのですが、同時に過払い金請求をよりスムーズに行うため、必要となる書類はあらかじめ準備しておくようにするとよいでしょう。

 

必要とされるのが契約書、取引明細書、振込明細書、その他取引期間・契約内容・取引状況などが確認できる書類です。

 

これらを持参して相談に行くようにしましょう。もちろん契約書など紛失してしまっている場合でも相談することは可能ですが、その際には契約日や実際の借入期間などがきちんと分かるものを持参するようにしましょう。

 

なお契約書は契約している全ての貸金業者の分を持参しましょう。
一つだけではその業者に対してしか過払い金請求を行うことが出来ません。必ず全ての業者分準備しましょう。

 

無料相談を実施している弁護士も多くいるので、そういった機会を利用して相談しましょう。