過払い金請求に失敗することはあるの?

MENU

過払い金請求に失敗することはあるの?

過払い金請求は必ず成功するものではありません。過払い金請求の失敗とはすなわち、返還される金額が希望金額より大きく下回ってしまう、全く返還されない、返還請求できない(または時効をすでに迎えている)のいずれかといえるでしょう。

 

まず過払い金が発生しないケースもあるため、その場合は過払い金を請求することは出来ません。
これは引直計算をした場合に十分な過払い金が発生していないケース、弁護士などに依頼した場合に着手金を差し引くと過払い金が全て相殺されてしまうケース、完済後10年以上経過して時効が成立してしまっているケース、などが考えられます。

 

いずれにせよこの場合返還される過払い金は存在しないため、残念ながら過払い金請求に失敗したといえます。
一方返還される金額が著しく低かった場合は交渉次第で変更させることも出来ます。

 

この場合の多くは自分で返還請求を行なっており、それによって貸金業者から足元を見られ、著しく不当な提案を受け入れてしまった場合に発生します。

 

また貸金業者の経営が悪化している場合も返還される過払い金が著しく低くなる場合もあります。

 

この他過払い金請求自体を行わない方も多くいます。特にブラックリストに掲載されるのが嫌な方が多いですが、借金を完済していればブラックリストにも登録されません。

 

失敗しないために一番大事なのは、実績の豊富な弁護士に依頼し、早急に過払い金返還請求の手続きを行うこととなります。