過払い金はなぜ発生するのか?

MENU

過払い金はなぜ発生するのか?

過払い金の発生メカニズムに関して知る場合、まずはグレーゾーン金利というものが存在することを理解しておかなくてはなりません。
このグレーゾーン金利とは利息制限法と出資法という2つの法律によって生じていた金利で、過払い金の多くはこのグレーゾーン金利によって発生していると言われています。

 

このグレーゾーン金利ですが、利息制限法では上限金利が15〜20%の間に設定されているのに対し、以前の出資法では29.2%を上限として定められていました。

 

この上限金利を超えて金利を設定し出資した場合、5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金が科せられていましたが、29.2%までは自由に設定することができていたのです。

 

このため利息制限法を大きく超えた金利を設定していても、出資法に違反していなければ刑事罰を受けることはなく、そのため高い金利を設定してお金を貸している業者が多くいたのです。

 

この利息制限法と出資法の間の金利のことをグレーゾーン金利とよび、民事上無効にもかかわらず刑事罰が科せられない金利として扱われていました。

 

このグレーゾーン金利によって高い利息を払わなければならず、結果過払い金が発生してしまっているケースが一番多いのです。

 

2006年に出資法の改正決定、および2010年に改正が施行されたことで、このグレーゾーン金利は撤廃されました。

 

このためこれ以降に借り入れた場合の借金に関しては利息制限法の上限を超える利率を設定している貸金業者は殆どおらず、過払い金が発生するケースが減少しました。しかしゼロになったわけではなく、依然過払い金が発生している場合もあるので注意しましょう。