過払い金の対象は消費者金融だけなのか?

MENU

過払い金の対象は消費者金融だけなのか?

過払い金請求の対象となるのは消費者金融だけではありません。
クレジットカード会社なども過払い金請求の対象となり得ることがあります。
これは債務整理の対象が消費者金融だけではないのと同様で、クレジットカード会社・キャッシングなど全ての借金に対し債務整理の対象が及ぶのと同様に、過払い金が発生していれば全ての会社がその返還請求対象となるのです。

 

過払い金は5年以上利息制限法の設定している上限金利(法定金利)を超えた借金の返済をしている場合に発生します。
このため消費者金融だけではなく、利息制限法を超えた利率を設定している全ての企業・業者からその金利で借入を行なっている場合、それらの会社において過払い金が発生している可能性が大きいです。

 

意外とクレジットカード会社やキャッシングの金利は高く、特に長年利用し、借り入れを行なっていると過払い金が発生してしまっているケースも少なくはありません。

 

そのため一度正確に過払い金が発生していないかどうかを確認することが重要です。

 

もちろん大手信販系、銀行系の場合は過払い金が発生しているケースは少なく、金利も決して高過ぎることはないので過払い金が発生している可能性は低いといえます。

 

一方消費者金融では過去に出資法の上限金利を利用して高い利率で融資を行なっていたことがあるため過払い金が発生するケースが多くなっています。

 

このため勘違いされている方も多いのですが、できれば過払い金請求する際は全ての借金について見直し、整理し、過払い金が発生しているかどうか確認しましょう。